犬にも癌が存在する|我が仔を守るのに欠かせない事

人気の室内犬

パピヨン

パピヨンは室内犬です。そして性格は陽気で活発な傾向があります。そのため人見知りが少ないでしょう。また小さい時からのしつけが重要となります。またパピヨンの健康状態を維持するためには、ドックフードの選定が重要です。成分が明示されて、口コミ評価が高い商品を選びましょう。

もっと見る

最も多い病気

ドッグ

よく見られる症状

昨今は、仕事や家事などで毎日を忙しく過ごしている人は多いです。ストレスを抱えやすい日々の中で、犬を癒しの存在として飼っている家庭は増加しています。犬を飼っている人は、いつまでも元気で長生きして欲しいと願うものです。ペットとして人気が高い犬に最も見られる病気が、癌です。実は、10歳以上の高齢犬の半数以上が癌が原因で死亡しているのです。犬の癌は、一般的に高齢が原因で細胞が異常分裂をする事で生じます。癌になると、お腹だけがポッコリと膨らむ腹水が最初に見られます。そして、お腹に張りがあるので、食欲低下、元気がない、呼吸が苦しいなどの症状が起こります。犬の癌は進行して初めて症状が出るので、高齢の犬は定期的に動物病院で検診を受ける事が大事です。

効果のある治療方法

犬の死因として一番多いのが、癌です。動物病院では、癌ができた部位、進行度合いによって色々な治療方法を行っています。中でも外科手術によって癌細胞を除去する外科治療が最も一般的な方法です。外科治療は、腫瘍が大きく、限局的にある場合に、非常に効果的です。ただ見た目や運動機能を損なう恐れがあります。その他の病院での有効的な治療方法は、抗がん剤です。抗がん剤は、ペットの体内に癌細胞を弱める事ができる薬を入れる治療です。人間の抗がん剤治療と比べると、ペットの場合、副作用があまりない事が特徴です。というのも、入院せずに通常通りの生活を送れることを重視した治療計画を組むからです。癌の治療方法は、それぞれの犬の症状によって異なるので、医師と良く相談する事が大事です。

ペットを我が家に迎えよう

子犬

ペットを飼うことは想像以上に大変なことです。言葉も通じませんのでイライラしたり八つ当たりしてしまうこともあるかもしれません。ワンちゃん達は言葉は理解できませんが、気持ちは必ず理解しています。こちらが愛情を注げば注ぐほど、それ以上の愛で返してくれる生き物です。子犬を飼うときには、色々と準備をするようにしましょう。

もっと見る

今話題のミックス犬

パピー

チワワとミニチュアダックスフンドのよさを受け継いだチワックスは今注目されている犬種です。小型なのでマンションでも飼いやすく、従順でしつけやすいのも人気のポイントです。体型的に腰に負担がかかりやすく関節系の病気には注意が必要です。背の高い家具の下にはマットを敷くなどの工夫をしましょう。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 犬にも癌が存在する|我が仔を守るのに欠かせない事 All Rights Reserved.